止まり木ユーザーBLOG

トップに戻る 最新記事へ

【映画】

未だにポケモンが大好きな大人です

by ピーすけ
映画 | 2014年 3月 5日(水) 3時44分
 ポケモン映画の処女作。
 「ミュウツーの逆襲」
 及び、無印時代最後の
 「水の都の護神ラティオスとラティアス」
 この二つ、許されるのなら、小説化したいくらい大好きです。ただ、後者は映像と音楽があってこその作品なので、前者の方がやりやすそうですが。

 ※ただしラティアスは俺の嫁!!

 ミュウツーの逆襲の泣き所として有名なのはサトシが石から復活するシーン(そこ、スーパーマサラ人に進化したとか言わない)ですが、ぶっちゃけ私はあそこ嫌いだったんですよねえ。最近になってようやく納得できる解を得られた(ポケモンとポケモンが互いに戦い合うのは当たり前のことであって
ポケモンに戦う指示をするポケモントレーナーが戦いを止めるのはおかしいということで
ペナルティとして【身体は動けない、何も言い出せない、何も出来ない】状態として石となった。らしいです。
 まあ、その過程はぶっ飛んでるけど、SFだと思えば)ので、昔ほどは気にならなくなったけれど。

 むしろ、好きなのは序盤のミュウツーとアイの会話群。びっくりするくらいSF。
 作られた命でありながら、最後まで生を肯定するアイさんまじパねえっす。
 理由なんて関係ない。生きているから、生きている。命の貴賎なんて初めから無い。

 そして、一番最後のサトシとカスミの会話。
 「でも、なんで俺たちここに居るんだ?」
 「さあ?居るから居るんでしょうね」
 「ま、いっか」
 の下りも素晴らしい。
 子供向けアニメ(笑)


 あと、サカキ様が悪役として格好良いのも○。突き抜けた悪って、良いよね。
 「簡単なことだ。この星でだれもがやってきたことをやればいい。戦いと破壊と略奪。……強い者が勝つ」(CV:鈴置洋孝)←このシーンだけでご飯三杯イケる。 ポケスペの中二設定おもいだします。

 Ride
On the
City
Knock out
Evil
Tracks
(街を覆い尽くせ、撃ちのめせ、悪の牙たちよ)


 もちろん、子供向けっぽいところもありますし、第一にアニポケを知っていることが前提なのですが、ポケモン好きなら是非。
[あるある](0) [ないない](0) 閲覧(4030)修正 削除
コメント投稿
名前

サイト(オプション)

内容

削除用パスワード:

November, 2022
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
<< < 今月 > >>
最近のエントリー
最近のコメント
映画
カテゴリー
検索

エントリーのみ
コメントのみ
エントリーとコメント
hbg.cgi Ver. 1.044
Copyright(C) 2009-2013, hidekik.com